土地活用のメリットを解説します

最近はサラリーマン大家さんも増えているといわれていますが、これは土地活用を気軽にできるようになった時代背景も大いに関係あるのかもしれません。土地の活用とは、余っている土地を活用することで、無駄に遊ばせておくのではなくマンションを建築したりアパートを建築したり駐車場にしたりすることでお金にすることです。マンションやアパートの場合であれば家賃収入という形で入ってきます。駐車場の場合であれば、毎月の駐車料金をもらうか、コインパーキングであればお金をパーキングからもらう仕組みになります。このように土地活用がはやってきたのは、不景気も理由にあります。不景気だからこそ、会社員の給料や自営業者の所得だけでは足らず、土地を活用するような方法をとるのです。

駐車場にする場合のメリットとは何か

一般的に、土地活用といえばマンションを建築したりアパートを建築することと思われがちですが、何も建物を建てるだけが能じゃありません。駐車場にしてもよいわけです。確かに建物を建てたときの方がバックは大きいでしょう。ですが、それはある程度土地の活用の仕方に慣れている人や、なれた投資家でないとなかなか難しいのが現状です。そもそも、建物を建てる場合は最初の初期費用をどのように捻出するか問題になるのではないでしょうか。多くはローンを組んでお金を借りて建物を建てますが、万が一うまくいかなかった時に莫大な損をしてしまう可能性があります。それならば、いっそのこと駐車場にした方がよいではないでしょうか。バックは少ないですが、確実に収入になりますので、初心者にいても運営し易いです。

駐車場を経営する場合の注意点とは

このようにたくさんのメリットまず駐車場経営ですが、駐車場経営をする場合には必ず実地調査が必要になります。き調査が必要な理由は言うまでもなく停車場に秋を出さないためです。をその土地の周りにどれだけ駐車場があるかを確認します。もしその段階で駐車場があまり利用されていないようであれば、その土地は駐車場としての利用価値はあまりないのです。そうではなく、駐車場が満車の場合であればおそらくまだ駐車場の需要があるため利用価値はあります。わりと重要があるところはマンションが多いところです。分譲マンションの場合は1家庭に1台続を所有できるように一台ずつは駐車場を確保してることが多いです。ですが、仕事の関係で2台車を所有している場合もありますので、その時には月極め駐車場が必要になります。にも記者