土地活用についての知識を習得しよう

遊休土地などの土地を所有している場合にはそのまま遊ばせておくのは勿体ないと考え有効に利用できるならこれを有効活用しようとするものです。土地を売ってその売却代金で自分の思っている事業を始めるというのも1つの選択方法ではあります。中には収入がなくて将来の生活が不安であるとか、年金生活に期待が持てないという場合もあります。土地を相続したけれどその税金面で有利な点はないのかといった考え方をする場合もあります。方法としてそこを駐車場として人に貸すというのは資金を多く必要とせず、何か事業を行いたい場合には元の状態へ戻すのも簡単にできます。賃貸用のアパートやマンションを建てて賃貸に供するといった方法もあり、この方法だと毎月家賃収入が入って来ることになり生活面でも助かることになります。ただ都市計画法とか用途地域とかで建築基準法の制限を受ける場合もあり注意も必要です。

土地活用として駐車場を考える場合は

土地の活用として駐車場を考える場合にはその周辺環境としてショッピングセンターや商店街など駐車場が不足している実状が無いかを調査し、駐車場の台数で競合状態にないかどうかもチェックする必要があります。面積が狭い場合には車の出入り口の交通状況を確かめコインパーキングにした方が良い場合があります。初期費用としては機械装置の設置代や車止めやアスファルト舗装の費用、保守管理費等がかかって来ます。面積が少し広めの場合であれば平面駐車場にすることも出来ます。駐車場の需要が多い場所の場合には大きな資金投入を必要としますが立体駐車場を建てることも出来ます。但しこの場合には建築物となりますから建築基準法の制限を受けることになりますし管理の面で煩雑になって来ることがあります。

土地活用として賃貸アパートやマンションを考える場合は

土地活用として賃貸アパートやマンションを計画する場合には、用途地域による建蔽率や容積率、高さ制限や斜線制限を受けることがあり市街化調整地域や工業専用地域では不可となります。防火地域や道路の状況、建築協定による制限等がかかることもありますのでチェックしておく必要があります。アパート建築は木造や軽量鉄骨造の2階建ての場合が多く、建築費用は比較的に安く仕上がります。マンション建築は鉄筋コンクリート造の場合が多く、階数は2階以上8階建て前後、あるいは高層建築になる場合もあります。多くの資金が必要となりますが条件によっては金融機関から融資を受けて住宅ローンを組み、家賃収入から毎月の返済金を支払って行くという方法もとれます。但し場所によっては空室のリスクもありますら東京都心部はともかく地方においては需要面で十分な注意が必要となります。